群馬よみうり
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


WEEKLY
TOPIC
音楽で県民に元気と癒やしを
群響が75周年記念演奏会を計画
2020.09.18
WEEKLY TOPIC  西毛  高崎市

 県と群馬交響楽団は12月5日、創立75周年記念プロジェクトとして「音楽の力で世界を『つなぐ』群響演奏会」を高崎芸術劇場で開催する。会場には県内の医療従事者らを招待し、ライブ配信や群馬テレビによる生放送を行う。県は現在、演奏会実施に向けた資金をクラウドファンディングで募っている。

ライブ配信と初のTV生放送を実施
クラウドファンディングで資金募る

 同プロジェクトは県が主体となり、新型コロナウイルスの影響で中止となった12月のベトナム公演の代替公演として企画。県内医療従事者、介護従事者の招待や、群響初のテレビによる生放送を行い、コロナ禍の県全体に元気と癒やしを届ける。さらに、県内在住・在勤のベトナム出身者も会場に招待し、ベトナム国立交響楽団の演奏を現地からライブ配信してベトナムとの交流を図る。指揮は群響ミュージック・アドバイザーの小林研一郎氏が務め、当日の模様は世界に向けてライブ配信される。

 コンサートマスターの伊藤文乃さんは「ベトナム公演の中止は残念だが、日本で75周年記念の演奏会ができることをうれしく思う。たくさんの人に群響を認知していただけるよう、心に響く演奏をしたい」と意気込む。

 開催のための資金は「多くの人とプロジェクトを作っていきたい」との思いから、ふるさと納税型のクラウドファンディングで募集。1万円以上寄付した先着500人には演奏会最終リハーサルの招待チケットなどが贈られる。クラウドファンディングは11月13日まで行い、目標金額の940万円を募る。

 群響は高崎市内外の音楽愛好家により、「高崎市民オーケストラ」として1945年11月に創立。コロナウイルス感染拡大後も、団員による動画配信のほか、小中学生向けにワークショップを実施し、音楽に触れる機会を提供してきた。事務局の多胡尚徳さんは「プロジェクトのテーマは“つなぐ”。集まることが難しくなった今だからこそ、人とつながる大切さを感じてほしい」と呼び掛ける。長年にわたり県民に音楽を届けてきた群響を応援しよう。

小林研一郎

伊藤文乃

データ
群馬交響楽団創立75周年記念プロジェクト
音楽の力で世界を「つなぐ」群響演奏会

12月5日(土曜)19:00~21:00


高崎芸術劇場 大劇場
※チケットの一般販売は行わない。


群馬県地域創生部文化振興課 027-226-2593


【クラウドファンディングサイト】 https://greenfunding.jp/harebutai/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 WEEKLY TOPIC

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

WEEKLY TOPIC アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri All rights reserved.