群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


WEEKLY
TOPIC
多彩な映像とパネルで楽しく学ぶ
県立世界遺産センター27日オープン
2020.03.12
WEEKLY TOPIC  富岡市  西毛

 群馬県は3月27日、群馬県立世界遺産センター「『世界を変える生糸(いと)の力』研究所」(略称「セカイト」)を富岡市に開設する。世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」(富岡製糸場、田島弥平旧宅、高山社跡、荒船風穴)と県内の絹遺産をテーマにした展示施設で、映像やパネル展示などでその価値を伝える。

明治時代の倉庫を改装、
世界遺産見学前の学習に最適!

 同センターは、上信電鉄上州富岡駅前にある歴史的な倉庫群「富岡倉庫」の「1号倉庫」に開設される。富岡市役所の設計を手掛けた建築家・隈研吾さんの監修で改修が行われ、明治時代に建てられたレンガ造りの倉庫が展示施設として生まれ変わった。世界遺産「富岡製糸場」へは徒歩10分ほどの立地だ。

 センター内は1階4ブース、2階2ブースの計6ブースで構成される。1階には高さ約3m、幅約6mのスクリーンと約40人分の観覧席を備えるシアターを設置。各構成資産が使われていた当時や、失われた建物などを高精細CGで再現した15分の臨場感あふれる映像が上映され、これを見れば世界遺産の概要を学べるという。

 隣のブースでは世界遺産としての価値を紹介するパネルが並ぶ。さらに「絹の国ぐんま情報コーナー」では、構成4資産の最新情報、国内の絹に関連した文化財、日本の世界遺産が検索できるほか、県内の観光やイベントの情報もあるので、センター見学後のお出かけに活用できる。

 2階に上がると、繭形のテーブルに投影された映像が来場者の動きに反応して解説を行う展示が登場。そのほか文化庁が認定した「日本遺産『かかあ天下 -ぐんまの絹物語-』」のストーリーを映像で紙芝居風に紹介するコーナーなど、子供が楽しみながら学べる展示がそろう。

 同センターの開設準備を担当する県企画部世界遺産課・井上昌美次長は「センターで知識を身に着けてから現地に行くとより楽しめると思う」と話す。群馬が誇る世界遺産について「セカイト」で学んでみよう。

※新型コロナウイルス感染予防のため、オープン日が延期になる場合があります。

データ
群馬県立世界遺産センター
「『世界を変える生糸の力』研究所」(セカイト)

富岡市富岡1450-1


9:00(3月27日は13:00)~17:00


毎月最終水曜と12月~2月の毎週水曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~31日。そのほか臨時休館あり


群馬県企画部 世界遺産課 世界遺産センター準備係
0274-67-7821


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 WEEKLY TOPIC

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

WEEKLY TOPIC アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.