群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


WEEKLY
TOPIC
芝生に寝転んで流星群を観察
倉渕の天文台が12日にイベント開催
2019.08.09
WEEKLY TOPIC  西毛  高崎市

 「くらぶちこども天文台」は8月12日、天体イベント「ペルセウス座流星群を見よう!!」を開催する。

受け継がれた天体望遠鏡

 同天文台がある倉渕町は、高崎市内で最も星がよく見えると言われており、晴れた日には息をのむほどの星空を見られるスポットとして多くの天文ファンに知られてきた。そんな同町に昨年5月、天然芝のサッカー場やトレイルランニングコースなどを整備した「倉渕水沼公園」が新設され、付近に外灯や建物がない天体観察に適した環境を生かそうと、今年の3月に「くらぶちこども天文台」をオープン。誰でも気軽に星空観察を楽しめるように、参加無料、予約不要の観望会を毎週水曜~日曜に開催している。

 同天文台には、直径4mの天体ドームと「三鷹光器製30㎝反射式望遠鏡」が設置されている。実はこの望遠鏡は、かつて「高崎市少年科学館」に隣接する中央公民館の屋上にあった。開館から27年にわたって活用されていたが、2011年の東日本大震災で天体ドームが損傷。老朽化により修繕は困難だったことからドーム内に格納されていた無傷の望遠鏡も使用できない状態が続いていた。そんな中、同天文台の開設で望遠鏡の移設が決まり、再び日の目を見ることになった。移設に伴い、新たな機能として見たい天体をパソコンに入力すると、自動で探し出す機能を付加したほか、接眼部の位置を調整できる「ワンダーアイ」も導入し、小さな子供や車いすの人も利用しやすく改良された。

内容盛りだくさんの天体イベント

 イベント当日は、同天文台に隣接するサッカー場を翌朝まで開放。芝生に寝転びながら流星群を見ることができる。ほかにも天文ガイドによる解説や、望遠鏡で月面や土星、木星の観察、野外映画上映会、音楽イベントなども実施。レジャーシートや虫よけ対策と、夜は冷え込むので防寒着も持参しよう。年間を通して天の川を観察できるほどの美しい夜空が広がる倉渕町。この機会に満天の星空を眺めに足を運んでみてはいかが。

《ペルセウス座流星群を見よう!!》

【日時】8月12日(月曜、祝日)17:00~22:00 雨天中止
※開催情報は当日15時までに同天文台のフェイスブックに掲載。
【料金】入場無料
【会場】くらぶちこども天文台、倉渕水沼公園 サッカー場

データ
くらぶちこども天文台

高崎市倉渕町水沼2930


19:30~22:00(5~8月。受け付けは21:30まで)
曇天、雨天時は閉館


無料


月・火曜


相間川温泉株式会社内 天文台担当 027-386-6837


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 WEEKLY TOPIC

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

WEEKLY TOPIC アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.