群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


WEEKLY
TOPIC
多彩な打ち上げ花火で観衆を魅了
8月10日、前橋花火大会開催
2019.08.02
WEEKLY TOPIC  中毛  前橋市

 毎年、県内外から大勢の人が訪れる「前橋花火大会」が8月10日に行われる。

復興祭から前橋市を代表する催しに

 前橋花火大会は終戦直後の1948年に復興祭として始まり、その後は前橋まつりや七夕まつりと合わせて行われていた。しかし1973年にオイルショックの影響で中止になると、しばらく開催は見送られてしまう。そんな中、市民からの要望を受け、1981年に復活。現在では「前橋七夕まつり」「前橋まつり」「前橋初市まつり」と並ぶ“前橋4大イベント”の1つとして、毎年8月に単独で開催されるようになった。

恒例の花火や新作花火も
趣向を凝らした打ち上げ花火

 前橋花火大会といえば、前橋発祥といわれる「空中ナイアガラ」が有名だが、ほかにも見どころは満載。全長800mにわたる打上幅から約1,000発の花火を打ち上げる「超ワイドスターマイン」を始め、昨年22年ぶりに復活した「尺玉」や、大玉花火の100連発打ち上げといった迫力満点の花火を繰り広げる。また「音楽付き花火」や、世界中からCG動画の花火作品を募り、投票によって選ばれた優勝作品を再現して打ち上げるという試みも実施している。「毎年、花火に話題性やストーリー性を持たせた新しいプログラムを用意していて、今年は前橋の気候で特徴的な“からっ風”と“雷”を風神・雷神に見立てて表現した花火を打ち上げます。趣向を凝らしたさまざまな花火が見られるのも前橋花火大会の魅力の1つです」と同市観光振興課の担当者は話す。ほかにも、前橋市の豚肉料理のNo.1を決めるイベント「T-1グランプリ」の歴代入賞店が集まるフードブース(16時~21時)が登場し、さまざまな豚肉料理を販売。料理を味わいながら花火観賞を楽しめる。

 花火を間近で見られる場所も要チェック。有料観覧席はすでに販売を終了したが、国体道路沿い河川敷の観覧エリアや、敷島公園野球場の内野席も無料開放(18時から)するので、気になる人は早めに会場へ向かおう。前橋の夜空を鮮やかに彩る花火を、ぜひ会場で楽しんで。

《花火のプログラム》

19:20~    オープニング超ワイドスターマイン
19:22~    キャラクタースターマイン
19:34~    第4回 世界Web花火大会 in 前橋(音楽付き花火)
19:38~    前橋名物! 元祖空中ナイアガラ
19:42~    スペシャルスターマイン「origin」(音楽付き花火)
19:48~    新名物! 大玉花火「尺玉」
19:54~    「風神・雷神」
20:05~    スペクトルナイアガラ
20:10~    大玉100発花火連発打上
20:25~    グランドフィナーレ(音楽付き花火)

 

※打ち上げ予定時間は、当日の運営状況により、前後する場合があります。

データ
第63回 前橋花火大会

8月10日(土曜)19:00~20:40頃


利根川大渡橋河川敷


入場無料


前橋花火大会実施委員会(前橋市観光振興課)027-210-2189


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 WEEKLY TOPIC

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

WEEKLY TOPIC アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.