群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


WEEKLY
TOPIC
前橋の新銘菓を生む「なか又」
どら焼き「ふわふわ わぬき」が好調
2020.06.12
WEEKLY TOPIC  中毛  前橋市

 前橋市の中央通りに店を構える菓子屋「なか又」の、ふわふわの食感のどら焼き「ふわふわ わぬき」の売れ行きが好調だ。

デザインチームが挑戦した菓子作り
「ふわふわ」食感に熱視線

 なか又は、東京都渋谷区のデザイン会社「nanilani(ナニラニ)」が社内スタートアップの形式で2018年に開業。新たな前橋銘菓の創出と、菓子を通じて「和み」が広がる「和む菓子屋」を目指してきた。

 商品やデザイン、PR方法などは、nanilaniとなか又のスタッフが知恵を出し合って進めている。主力のどら焼き「わぬき」は前橋市章から名付けた。

 わぬきの新シリーズ「ふわふわ わぬき」は、生地にたっぷりのメレンゲを加えて仕上げ、ミルククリーム(290円、税別)や小豆クリーム(同)を挟んでいる。キウイやパインなどフルーツを使う季節限定商品もあり、組み合わせの意外性もポイントだ。焼き上げる動画のふわふわ感がSNSで話題を呼び、店頭での販売数とオンラインストアの予約が急増している。

 デパートの催事やポップアップストアへの出店も行い、知名度向上にも努める。「SNSでの発信への反応や地元のリピーターが増え、日常の中に根付いてきた」と同店のスタッフは手応えを感じている。

豆菓子のパッケージデザインが
昨年TOPAWARDS ASIA選出

 なか又の菓子の魅力は、考え抜かれたパッケージデザインにもある。豆菓子「こたね」は昨年、アジアで流通する優れたパッケージデザインの商品に贈られる「TOPAWARDS ASIA」に選ばれた。

 「こたね」は、前橋市が民間と共に策定したビジョン「めぶく。」をテーマに、「芽吹きの種」をイメージして誕生。茶筒型のパッケージは「抹茶ミルク」や「ゆずこしょう」といった味の違いを、優しさのある色と形でシンプルに表現している。

 オープンから約2年、なか又の菓子を「前橋土産」として購入する人も増えてきた。今夏には前橋市南部に2号店を出店予定だ。前橋市で芽吹いた「和み」の菓子を、ぜひ味わってみて。

データ
なか又 前橋本店

前橋市千代田町2-7-21


11:00~16:00
※新型コロナウイルス対策で短縮営業中


不定休(月曜中心)


なか又 前橋本店 027-896-9359


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 WEEKLY TOPIC

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

WEEKLY TOPIC アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.