群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


WEEKLY
TOPIC
みなかみ発のクラフトビールが
世界的なビール審査会で快挙を達成
2018.06.08

 先月オーストラリアのメルボルンで開かれた、世界最大規模のビール審査会「オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワード」で、みなかみ町の「月夜野クラフトビール」の2つの銘柄が銀賞と銅賞をそれぞれ獲得。初出場にしてW受賞という快挙を達成した。

みなかみの水とチェコの技術が融合

 「月夜野クラフトビール」は、1996年に設立された地ビールの醸造会社。地ビールが全国でブームとなっていた当時、「みなかみのおいしい水を生かしてビールを作りたい」と考え、姉妹都市として契約を結んでいたチェコ東部の町・ウェルスキーブロットの協力のもと、地ビールの醸造に乗り出した。

 現在製造している4種類の銘柄は、チェコの醸造家直伝の製法で作る、麦芽100%の正統派ビール。毎日酵母の様子をチェックしながら、基本にのっとった“まじめなビール造り”を行っている。

対照的な味わいの2つの銘柄がW受賞

 今回、日本勢で唯一の銀賞に輝いたのが、どっしりとした通好みの味わいの「蛍の里の黒ビール」。ローストした麦芽が醸し出す芳醇(ほうじゅん)な風味と深いコクが、海外の審査員たちをうならせた。

 また銅賞に選ばれたのは、ホップの苦みを抑えて飲みやすく仕上げた「ロマンの里のヴァイツェン」。爽やかな味わいとフルーティーな香りが評価された。

 担当者の斎藤さんは、「評価されたことは素直にうれしい」としながらも、「今後はさらに改善を重ね、何度でも飲みたいと思ってもらえるビールを作っていきたい」と前を向く。飽くなき品質向上を目指す同社のビール作りから、これからも目が離せない。

データ
月夜野クラフトビール

月夜野びーどろパーク(みなかみ町後閑761-1)、とりせん各店、ファームドゥ各店


ペットボトル500㎖入り550円


月夜野クラフトビール 0278-20-2033


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 WEEKLY TOPIC

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

WEEKLY TOPIC アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.