群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


おでかけ
【日本酒】
永井酒造
2019.01.11
酒造所特集のほかの記事はコチラ

 「永井酒造」は、尾瀬が育んだ地下水の湧き出る川場村で1886年に創業した酒蔵。伝統の技と機械化を融合させた酒造りが特徴で、酒蔵見学では洗米から瓶詰めまでの流れをじっくりと観察することができる。醪(もろみ)が入ったタンクを上から覗き込めば、元気に発酵する音が聞こえるはずだ。築130年の旧蔵を改築した直営店「古新館」では、多彩なラインアップで展開する日本酒「水芭蕉」を購入できるほか、試飲もできる。

「MIZUBASHO PURE(水芭蕉ピュア)」(720㎖4,860円ほか)は、瓶内で二次発酵させた本格的なスパークリング清酒。

酒蔵見学

【日時】第2・4金曜15時、第3日曜11時 ※5月~8月は第2・4金曜15時。
【所要時間】30分~40分
【料金】無料
【人数】定員30人
【予約方法】前々日の17時までに古新館へ電話で予約

PICK UP
蔵カフェ

 古新館の1階にある、酒蔵を改装した趣のあるカフェ。おすすめは、麹(こうじ)で味付けした地鶏がのった「かわば丼」に、酒粕をベースに地元野菜をたっぷり使った「酒蔵汁」、酒粕の天ぷらを添えたデザートなどをセットにした「かわば丼御膳」。ほかにも「仕込み水出しコーヒー」(480円)や酒粕を使ったスイーツなど、酒蔵ならではのメニューを堪能できる。

 

【問い合わせ】0278-52-2313(古新館)
【営業時間】10:00~16:00
【休み】火曜、年末年始

▲かわば丼御膳 1,200円(平日は予約制、土・日曜、祝日は20食限定)

▲蔵カフェ特製 季節の蒸しパン 480円

立ち寄りSPOT
川場田園プラザ

 豊かな自然の中にさまざまな施設が点在する道の駅。地場産野菜や果物を販売するファーマーズマーケットを始め、レストラン、ブルワリー、木工や陶芸の体験施設などがあり、子供から大人まで楽しめる。土産物のそろうショップには、「川場ビール」や「ふわとろ食パン」「のむヨーグルト」など人気商品がずらり。どれを土産に購入しようか迷ってしまいそう♪

 

【住所】川場村萩室385
【問い合わせ】0278-52-3711
【営業時間】施設や時期により異なる
【休み】施設により異なる

▲川場ビール(330㎖) 356円

▲ふわとろ食パン(2斤) 566円

▲のむヨーグルト(150㎖) 140円

データ
永井酒造

川場村門前713(本社、古新館)


0278-52-2313(古新館)


9:00~17:00


入場無料


火曜(古新館)、年末年始


酒造所特集のほかの記事はコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

過去のおでかけ特集

おでかけ特集のスポット別紹介はこちら
エリア別 おでかけ特集

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

おでかけ アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.