群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


ピックアップ-G
第34回 高崎映画祭
2020.03.04
国内外の62作品を上映する映画祭
監督・俳優が登壇する授賞式やイベントにも注目

 高崎市で開催する大規模な映画の祭典。最優秀作品賞に輝いた鈴木卓爾監督の「嵐電」を始め、最優秀監督賞に選ばれた常盤司郎監督の「最初の晩餐(ばんさん)」と真利子哲也監督の「宮本から君へ」といった受賞作品を含む全62作品を市内の4会場で上映する。ほかにも、作家性が高い作品を厳選した「邦画セレクション」や、高崎市内で撮影された作品を集めた「まちと映画」など、テーマごとにさまざまな作品を上映する。「監督たちの現在(いま) another side」では、短編映画10作品を上映。中でも、高崎市のPR映画「高崎物語 ─夏─」の意義を引き継ぎ、映画祭事務局が製作した「高崎物語」は今回が初公開となる。また、東京五輪で同市がホストタウンとなるポーランドとウズベキスタンに関連した作品の公開も。

 22日に行われる授賞式では監督に加え、最優秀主演女優賞の夏帆や、最優秀助演男優賞に選ばれた窪塚洋介といったキャストも登壇する。映画祭の詳細は、HPやfacebook、ツイッターなどで公開しているのでチェックしよう。

イベントPICK UP

 映画祭は上映だけでなく、さまざまなイベントも行う。予約が必要なものもあるので、気になるイベントは早めにチェック!

バックステージツアー

【日時】3月21日(土曜)14:45~
【会場】高崎市文化会館大ホールロビー集合
【問い合わせ】高崎市文化会館  027-325-0681

 

 普段入れない舞台袖や音響室など、ホールの裏側を巡るツアー。対象は小学生以上(小学生は保護者要同伴)。先着20人。無料。希望者は3月8日~14日の間に電話で申し込む。

日本映画のいまとみらい

【日時】4月5日(日曜)17:00~
【会場】高崎シティギャラリー

 

 短編映画「HARMONY」(16時)、「高崎物語」(同)の上映後、日本映画の現在と未来を語るトークイベントを開催する。登壇者は映画祭のHPで随時発表予定。映画は要鑑賞券。トークイベントのみの参加は無料。

データ
第34回 高崎映画祭

3月20日(金曜、祝日)~4月5日(日曜)
※上映時間は作品により異なる。授賞式は22日16:00から。


高崎市文化会館(高崎市末広町23-1)
高崎シティギャラリー(高崎市高松町35-1)
高崎芸術劇場(高崎市栄町9-1)
シネマテークたかさき(高崎市あら町202)


群馬音楽センター(高崎市高松町28-2)


前売:1作品1,100円、3作品3,000円、全日フリーパス券1万2000円
※全日フリーパス券は限定100枚、シネマテークたかさきで販売。専用チケットが必要な作品あり。
当日:1作品1,300円、高校生以下・60歳以上1,100円、3作品3,500円、全日フリーパス券1万3500円


全席指定 前売2,500円、当日3,000円
※授賞式と1作品鑑賞可能。前売券はチケットぴあ(0570-02-9999/Pコード550-957)で販売中。当日券は14時30分より授賞式会場で販売。未就学児入場不可。


高崎映画祭事務局 027-388-9649


お知らせ
新型コロナウイルスの影響により開催方法に変更がある場合は、3月中旬に映画祭HPで案内予定。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 ピックアップ-G

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

ピックアップ-G アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.