群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


ピックアップ-G
【HUMAN】
インタビュー特集
群馬の“輝く人” vol.05
2019.08.01
ピックアップ-G  藤岡市

 群馬県で活躍するさまざまな“輝く人”を紹介するコーナー。今回は独学で落語を学び、落語家を目指して活動している中学生の錆猫亭(さびねこてい)おはぎさんを紹介。彼女が落語を始めたきっかけや落語を演じる上でのこだわり、将来の夢や今後の展望など、落語にまつわることから、休日の過ごし方といったプライベートなことまでを取材した。夢に向かって突き進む、彼女の素顔に迫る。

独学で落語を学びながら県内外で活動
落語家を目指して邁進(まいしん)する藤岡市在住の中学生

落語家を目指す中学生 錆猫亭 おはぎさん(14)

PROFILE

 2004年8月17日生。藤岡市在住。小学校の授業で知った落語にのめり込み、中学生になると独学で落語を学び始める。現在は週末を中心に高崎駅構内や、老人ホーム、介護施設などで落語を披露している。

落語との出会い
きっかけは国語の授業

 おはぎさんが落語と出会ったのは小学生のときだった。「国語の授業で古典落語『寿限無』のCDを聞いたのがきっかけで落語に興味を持ちました」と当時を振り返る。その後、母親にせがんで池袋演芸場の寄席に足を運んで生の落語を目の当たりにすると、落語家たちの巧みな話術に魅了され「私も落語を演じてみたい」と思うようになったという。

 中学に進学し、進路について悩んでいると、母親から落語家への道を提案され、落語家になることを決意。その後は落語の動画を見たりCDを聞いたりしながらパソコンで文字に起こして独学で落語を覚えていった。そんな中、福井県で「全国女性落語大会」が開催されることを知ったおはぎさんは、大会にエントリーすると、人前で話術を磨くために昨年の9月から高崎駅構内で「ストリート落語」を開始。その初日、偶然通りかかったラジオ高崎の番組パーソナリティーを務める佐藤としひこさんの目に留まり、ラジオ番組へ出演することになる。この出演をきっかけに、新聞やインターネットの番組で活動が大きく取り上げられ、“落語家を目指す中学生”として話題になった。

県内外のさまざまな場所で
精力的に落語を披露

 おはぎさんは現在、高崎駅構内でのストリート落語以外にも、県内外の老人ホームや介護施設などを訪れ、ボランティアで落語を披露している。「多くの人に私の落語で喜んでもらいたいという気持ちと、人前で演じる経験を積むために活動しています」と思いを語る。また落語の練習の一環として、活舌よく、はっきりと言葉を伝えるために朗読講座に通うなど、“高座に上がるための落語”を磨いている。

学業と両立させながら
憧れの落語家を目指す

 おはぎさんの夢は落語家になること。「高校に進学したら師匠の下について、本格的に落語を勉強したいと思っています」と目を輝かせる。さらに「今年も福井県で女性落語大会が9月に開催されるので出場したいです。それと、私が若い人の落語に触れるきっかけになれればと思っています」と笑顔を見せる。今後は学業と両立しながら活動していくという彼女。落語家・錆猫亭おはぎの姿を高座で見られる日もそう遠くはなさそうだ。

もっと知りたい! 錆猫亭おはぎさんの深掘り情報

落語の魅力は
さまざまな人物を演じられるところが魅力です。自分の声色と仕草だけで物語を表現することはとても難しいのですが、お客さんからの反応がよかったときはすごくうれしいです。

 

落語を演じる上でのこだわりは
私はまだ中学生なので、大人よりも子供を演じた方が演技に説得力を持たせられると考えていて、子供が中心の演目をやるように心がけています。

 

休日の過ごし方は
映画を見るのが好きなので映画館に行ったり、自宅で鑑賞したりしています。あとはイラストを描いたり飼い猫と遊んだりしてリフレッシュしています。

 

群馬でおすすめのスポットは
高崎にある「SLOW TIME cafe」です。以前開催された落語イベントを見に行ったことがきっかけで通うようになりました。

 

憧れている落語家は
柳家三三師匠です。私は古典落語が好きなのですが、三三師匠の古典落語を初めて見たとき、情景が浮かんで物語の世界に引き込まれました。あのときの衝撃は今でも忘れられません。

 

今までで印象に残っている公演は
NPOの震災復興支援で、茨城県の常総市にある施設を訪れたときです。そこで落語の導入として「寿限無」を披露した際、施設の皆さんがすごく喜んで笑ってくださったので今でも印象に残っています。

INFORMATION
第14回 市民活動フェスティバル 2019

【日時】10月13日(日曜)9:30~15:00
【会場】藤岡市総合学習センター
【住所】藤岡市藤岡1485
【料金】入場無料
【問い合わせ】市民活動フェスティバル実行委員会 0274-22-8883

 

 ボランティア団体と市民の交流を目的としたイベント。各団体が日頃の活動内容を紹介するほか、さまざまな催しが行われる。おはぎさんはステージで落語を披露する予定。

出演の依頼や問い合わせ/Twitter(@sabinekotei)のDMから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 ピックアップ-G

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

ピックアップ-G アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.