群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


ピックアップ-G
【HUMAN】
密着インタビュー特集
群馬の“輝く人” vol.01
2019.04.04
ピックアップ-G  その他

 群馬県の“輝く人”を紹介するコーナー。今回は、群馬県を拠点に活動し、国内外のイベントやコンサートに出演している津軽三味線奏者の小山慶一・慶宗兄弟を紹介。2人が津軽三味線を始めたきっかけや演奏へのこだわり、今後の展望など、音楽活動にまつわることから、休日の過ごし方、好きな音楽といったプライベートなことまでを密着取材した。注目の若手津軽三味線奏者である2人の素顔に迫る。

伝統と革新の音色を奏でる兄弟

津軽三味線奏者
小山 慶一さん・小山 慶宗さん

PROFILE

小山慶一(写真左)1983年9月29日生、小山慶宗(写真右)1988年1月11日生
 幼少より兄弟で津軽三味線の名門「小山流」に入門し、総師範・小山貢津慶に師事。その後、若くして数々の津軽三味線大会で入賞。現在では教室を主宰する傍ら、演奏会を始め、さまざまなイベントに出演するなど国内外問わず多方面で活躍している。兄弟ならではの息の合った迫力ある演奏は、各地で高い人気を誇っている。

数々の受賞歴と豪華アーティストとの共演

 小山兄弟と三味線の出合いは、兄・慶一さんが8歳のときに父親の知人だった小山貢津慶さんの元を訪れたことがきっかけだった。弟の慶宗さんも三味線を弾く兄の姿に触発され、1年ほど遅れて小山流に入門。2人は技術を習得していくと、めきめきと頭角を現わし、全国津軽三味線コンクールや、津軽三味線世界大会といった大会に出場し数々の賞を受賞した。その後、イベントや式典で演奏する機会が増え、演歌歌手の北島三郎を始め、坂本冬美、藤あや子のコンサートや、NHK紅白歌合戦にバック演奏で出演。嵐のアリーナツアーとドームツアーでは、和楽器隊として参加するなど活躍の場を広げていった。

古典芸能の伝承と発展

 彼らは現在、群馬県を拠点に国内外で活動。兄弟だけでなく個々での音楽活動も精力的に行っている。慶一さんは古典芸能の伝承に重きを置き、三味線の魅力を伝えるために演奏会や後進の育成に努めており、慶宗さんは“古典”にとらわれない新しい津軽三味線の可能性を発見、発展させるために、バンド形式でのライブや、さまざまな取り組みに挑戦している。兄弟で演奏する際は、それぞれが活動する中で培った技術や感性を融合し演奏。あうんの呼吸で奏でる繊細かつ力強い音色は多くの人の心をつかんでいる。近年では高崎市と前橋市を中心に個々で教室を開き、津軽三味線の指導を行っている。

夢は兄弟でホール公演

 伝統芸能を伝承しながらも形式にとらわれないスタイルで活躍の場を広げている彼ら。そんな2人が次に見据えるのは“大ホールでの単独公演”。「大きなホールで演奏する機会は僕らが所属している小山流の合同演奏会ぐらいで、兄弟だけでやったことはほとんどないんですよね。だからそういう場所でやりたいなっていう気持ちはあります」と慶一さん。慶宗さんも「三味線の演奏は“生きている”ので、そのときの会場の空気に合わせて即興でアレンジを加えたり曲自体を変えたりすることもあります。だから自分が成長するためにも、もっと大きな場所で経験を積めたらいいなって思います」と語る。日本の伝統芸能の枠を超えて、多方面で活躍する小山兄弟。彼らの今後に注目だ。

もっと知りたい! 小山兄弟の深掘り情報

Q1. 座右の銘を教えてください

A. 慶一 これは慶宗も同じ答えなんですけど、「弾いてダメならもっと弾け」です。練習量が演奏に出るので、「調子が悪いな」と思ったときほど三味線を弾くようにしています。

 

Q2. 普段から気を付けていることは

A. 慶一 手をけがしないようにいつも気を付けています。慶宗 演奏中は手元を見られることが多いので、爪や手のケアは欠かせません。

 

Q3. 子供の頃になりたかった職業は

A. 慶一 父が新幹線の運転士をしていたので、かっこいいなって憧れていました。慶宗 子供の頃は背が低かったので、競馬の騎手になりたかったです。

 

Q4. 普段はどんな音楽を聴きますか

A. 慶一 民謡はもちろんですが、邦楽から洋楽まで何でも聴きます。慶宗 割と激しめのロックとか聴きます。自分の演奏に取り入れられることがあればジャンル問わず参考にしています。

 

Q5. 今1番熱中しているものは

A. 慶一 子供と一緒に出かけて「ポケモンGO」をやっています。慶宗 料理です。最近はローストビーフとチャーシューを作りました。

 

Q6. 今までで印象に残っている演奏は

A. 慶一 松山千春さんのコンサートで、松山さんと1対1で演奏したときはすごく緊張しました。慶宗 嵐のライブで演奏したときですね。5万人の観客の前で演奏できたのはいい思い出です。

慶一さんのリフレッシュ方法は休日に2人の息子と遊ぶこと。「なかなか時間を作れないので、遊べるときは思いっきり一緒に遊びます」。

慶宗さんはバンドを組んでライブハウスやイベントにも出演。三味線とロックの和洋折衷サウンドで人気を博している。

INFORMATION
梅田清流コンサート

【日時】5月18日(土曜)13:00開演
【会場】梅田台緑地公園
【住所】桐生市梅田町5
【料金】観覧無料
【問い合わせ】梅田公民館  0277-32-1483

テノール歌手の豊島正伸と、小山兄弟が出演する無料コンサート。

出演依頼や教室の問い合わせ/080-7726-2200
小山慶一HP 小山慶宗HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 ピックアップ-G

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

ピックアップ-G アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.