群馬よみうり
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


ピックアップ-G
はばたけ!
スーパーG(ぐんま)アスリート
今井 美穂さん【MTB XCO】
2020.07.23
ピックアップ-G  富岡市

 群馬県から全国にはばたく今話題の地元アスリートを紹介するコーナー。ひたむきに練習に取り組む姿、試合での集中力、そして結果を受け止める表情は、どんな時でも私たちの心に元気や勇気を届けてくれる。群馬スポーツ界のエースを一緒に応援しよう。

群馬からの東京五輪代表内定第1号
マウンテンバイク選手で小学校教諭

今井 美穂さん(33歳:富岡市出身)

 今回は群馬県からの東京五輪代表候補として内定第1号になった、自転車競技マウンテンバイク・クロスカントリー(MTB XCO)の今井美穂さん(所属:CO2bicycle)を紹介する。初めて五輪代表候補に選ばれた今井さんは、一方で前橋市立新田(しんでん)小学校で教壇に立つ先生でもある。1年間の延期期間の間に、競技者としてさらなるレベルアップを目指す今井さんに話を聞いた。

CAREER

競技歴:8年

 冬季がシーズンのシクロクロスと夏季がシーズンのマウンテンバイク(MTB)で活動する。2017年シクロクロス世界選手権の日本代表に選出。第30回シクロクロス全日本選手権 優勝(同年)、第31回全日本MTB選手権(2018年)と第32回全日本MTB選手権(2019年)を連覇、第26回アジアMTB選手権 5位(2020年)。

——自転車競技を始めたきっかけを教えてください

 小学生から大学生まで、ずっと陸上部でした。卒業後も教諭として陸上部の指導をする中、2011年の東京マラソンに出場し完走。水泳もしていたので、「自転車をこなせればトライアスロンができる」と考えていました。その頃に陸上仲間が自転車を始め、誘われて買ったロードバイクが最初の自転車です。

 2012年秋に埼玉県秩父市でのシクロクロス大会に初出場。オフロードで走ったり、時には自転車を担いだりする体験を楽しめたことと、クラス優勝したことで「競って勝つ」楽しさがよみがえり、競技にはまっていきました。

——自分の強みはどんなところだと思いますか

 子供の頃からずっと負けず嫌いで、目標ができてスイッチが入ると脇目も振らずのめり込む性格です。世界選手権で感じた「世界の壁」は「それを超えたい」という意識を持ちましたし、五輪の選考に関わる大会では「絶対に負けない」という気持ちで臨み、そのために練習を重ねました。また、経験と技術が蓄積されて同じミスをしないようになってきた点も強みになっていると思います。

——五輪代表候補に内定した時の状況はいかがでしたか

 それまでの戦績から自分のランキングが分かっていたので、心の準備はできていました。家族や同僚、友人はもちろん教え子たちや保護者の皆さんからも「先生おめでとう」という言葉をもらって、強く実感が湧いた感じです。遠征を認めていただいた学校や市教委、業務を代わってくれた他の先生方、子供たちに感謝し、恩返ししながら走りたいです。

——延期になりましたが、五輪での目標は

 昨年10月に静岡県伊豆市で行われたテストイベントで五輪コースを走りましたが、世界トップクラスの選手たちに向けたコースを完走することさえできませんでした。当初の予定通りに開催されていたら、準備が足りなかっただろうと思います。だからこそ、この1年間を「戦うための準備」として、世界のトップに食らいつけるように体力や筋力、技術をさらに向上させたい。目標は「まず完走」です。

MTB XCOとは

 マウンテンバイク・クロスカントリーオリンピック(MTB XCO)は、急斜面や岩場、障害物などの配置されたオフロードコースを走る自転車競技。五輪競技としては1996年アトランタ大会から採用され、五輪では1周4~6kmの周回コースになることが多い。来年の東京五輪は静岡県の伊豆MTBコース(4.1km、高低差150m)で実施される。

もっと知りたい! 今井美穂さんの深掘り情報

MTBの面白さはどんなところですか
選手の持つ能力に合わせてテクニカルなコースをどう走るか、パワーが要る部分をどう走るかなど考えた作戦が結果につながるところです。また、悪路で転んでも観客が盛り上がり、それが選手の力になる部分も醍醐味です。

 

目標のアスリートはいますか
自転車競技では具体的な人を挙げられませんが、小学生の頃、シドニー五輪で高橋尚子さんがマラソンを走る姿を見てから、競技への向き合い方などアスリートとして目標にしています。

 

主な練習場所や方法は
平日は帰宅後、室内でのローラー練習や自動車があまり通らない舗装路での練習がメイン。休日は榛名山麓を走ることが多いです。月に数回は隣県に出かけ、普段とは違うコースを走ります。

 

教諭として授業で心がけていることは
自転車を始めた時に「伝わる言葉で教えてもらう」ことの大切さを自分で感じたので、体育では、運動のコツをどうやって教えるか、子供たちそれぞれが理解しやすいように伝えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 ピックアップ-G

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

ピックアップ-G アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri All rights reserved.