群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


ピックアップ-G
【BUSINESS】
地元企業に潜入取材!!
「榊原機械株式会社」
2019.04.25

 群馬で生まれ、群馬で育った地元企業の歴史やこだわりを紹介するコーナー。今回は、産業機械を始め、アミューズメント向け機器やロボットの開発、製造を行う「榊原機械株式会社」をご紹介。今や国内だけでなく海外のメディアからも注目を集める同社の巨大ロボット。なぜ産業機械の製造会社がロボットを開発することになったのか——。その誕生秘話や同社のこだわりを取材した。

アニメの世界が現実に!?
巨大ロボットを作った産業機械メーカー

 「榊原機械株式会社」は前橋市に本社を置く産業機械の製造販売会社で、元々は建設機械を販売、修理する「榊原機械店」として1945年に創業。1972年に組織変更を行い「榊原機械株式会社」を設立すると、堆肥のかくはん機や、農畜産用の汚水処理機といった機械の製造を開始した。1980年にはコンピューター制御のかくはん機を開発。1985年には音声認識や障害物回避機能などを搭載した「知能ロボット」を完成させるなど、さまざまな分野の技術開発にも挑戦していった。

 こうした新規事業の開拓や企画開発は、産業機械への応用だけでなく、社員のスキルアップのためにも行っている。そんな中2005年に誕生したのが、今や同社の看板製品とも言える巨大ロボットだ。開発課の南雲正章さんが産業機械の技術を応用して、実際に人が乗って操縦できる全高3.4mのロボット「LANDWALKER(ランドウォーカー)」を1年10か月かけて完成させた。

 完成後、マスコミ数社へ取材を依頼したものの、取り上げたのは1社の新聞社だけだった。しかしその後、新聞を見た読者がエイプリルフールのネタとして雑誌に投稿。それが話題を呼び、ニュースで大きく取り上げられると問い合わせや取材が殺到し、イベントへの出展依頼も急増した。これをきっかけに、同社は本格的にアミューズメント向けのロボット開発をスタート。現在では子供用ロボットの「KID’SWALKER(キッズウォーカー)」や、全高8.5mのロボット「LW-MONONOFU(エルダブリュー モノノフ)」、恐竜形の「メックティラノス」などを新たに開発し販売とレンタルを行っている。

自社で部品を製造

 機械の設計や製造はもちろん、内外装パーツや電子部品、インターフェース、センサー類などを自社で製造している。他社に頼ることなく、ほとんどの部品を自社生産できるのも、高い技術力を持つ同社ならでは。

“1人1機製作”が生む達成感

 同社では1機の機械を製造する場合、1人の社員が専属で担当する。設計から加工、組み立て、電子制御、配線までを行うことで、機械製作に必要なスキルや工程を学びながら、1人で機械を完成させる達成感も得られるようになっている。

榊原機械株式会社のトリビア

榛東工場にある倉庫の入り口には、オリジナルの装甲車が展示してある。

2015年に水戸京成百貨店の福袋として、「KID’SWALKER」を555万円で販売したことがある。
動画サイトのYouTubeで、ロボットやさまざまなアミューズメント機器を紹介している。

LANDWALKERが完成するまで

榛東村にある工場では産業用機械のほか、ロボットや乗り物など、アミューズメント向けの機械を10種類以上生み出してきた。同社では「面白いと思ったら作ってみる」の精神で日々新しい機械の研究開発を行っている。

LANDWALKERは「人が乗り込んで操縦する、アニメに出てくるようなロボット」をコンセプトにイメージ図を作製。それを基に3Dの設計図を作り、可動部の確認や組み立てた際の全体のバランスを確認する。

設計図を基に金属板を折り曲げたり、金属を切り出したりして各部のパーツを製作。これを仮組してみて、設計図上では分からなかった誤差を調整、修正していく。パーツ同士が干渉しないか動作チェックのほか、安全面の確認も行う。

チェック後、分解して塗装を施し、再度パーツを組み立てて完成。動力はガソリンエンジンで、すり足二足歩行が可能、スポンジボールを撃ち出すエアー砲を2門搭載。イベントに登場すると、たちまち人だかりができるほどの人気を誇っている。

【取材協力】榊原機械株式会社
本社/前橋市岩神町3-20-18 工場/榛東村新井685-4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 ピックアップ-G

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

ピックアップ-G アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.