群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


ピックアップ-G
【開催済】第32回 高崎映画祭
2018.02.28
高崎市で映画の祭典が開幕!
上映や授賞式に加え、新企画も登場

 今年で32回目を迎える映画の祭典。阪本順治監督の「エルネスト」(最優秀作品賞)や、小林政広監督の「海辺のリア」(最優秀監督賞)、石井裕也監督の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(同)といった、今年の受賞作品を含む68作品を、高崎市内の4会場で上映する。また、オール高崎ロケで撮影された川島直人監督の「高崎グラフィティ。」など、高崎フィルム・コミッションが支援した9作品にも注目が集まる。17日、21日には高崎電気館で、上映作品の予告編を集めた「予告編上映会」(19時。無料)を開催するので、どんな映画が上映されるのか気になる人は訪れてみて。監督や俳優が登壇する毎年人気の授賞式(25日16時)も見逃せない。

授賞式の登壇者

坂本順治監督、石井裕也監督、小林政広監督、坂本欣弘監督、伏原健之監督、阿武野勝彦プロデューサー、オダギリジョー、仲代達矢、満島ひかり、池松壮亮、岩井堂聖子、岡山天音、佐藤みゆき、石橋静河。

今年初開催のイベント
◆映画と浪曲ライブ「国定忠治の巻」

【日時】3月31日(土曜)12:30開演
【会場】高崎電気館
【料金】大人2,500円、学生1,500円、高校生以下1,000円
【問い合わせ】高崎電気館地域活性化センター 027-395-0483(10:00~19:00)

 

 浪曲師の語りに合わせて映画「唄祭り赤城山」を上映する。要予約。先着250人。

◆「ショートショートのススメ」

【日時】4月1日(日曜)13:00~15:00
【会場】高崎市文化会館
【料金】無料

 

 国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)」との連携企画。SSFF&ASIAの代表で、俳優としても知られる別所哲也と、フェスティバルディレクターの東野正剛が、短編映画4作品の上映後、解説と短編映画の魅力を語る。

データ
第32回 高崎映画祭

3月24日(土曜)~4月8日(日曜)
時間は上映作品により異なる ※授賞式は25日16:00から。


高崎市文化会館(高崎市末広町23-1)
高崎シティギャラリー(高崎市高松町35-1)
シネマテークたかさき(高崎市あら町202)
高崎電気館(高崎市柳川町31)


群馬音楽センター(高崎市高松町28-2)


前売:1作品1,100円、3作品3,000円、全日フリーパス券1万2000円 ※全日フリーパス券は限定100枚、シネマテークたかさきで販売。
当日:1作品一般1,300円、シニア1,100円、3作品3,500円、全日フリーパス券1万3500円


全席指定 前売2,500円、当日3,000円
※授賞式と1作品鑑賞可能。前売券はチケットぴあ(0570-02-9999/Pコード558-085)で3月3日10時より販売。当日券は14時30分より会場で販売。


高崎映画祭事務局 027-326-2206


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 ピックアップ-G

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

ピックアップ-G アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.