群馬よみうり
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


おでかけ
城南野球場
2021.02.05
ロケ地 & アニメの舞台特集のほかの記事はコチラ

 明治神宮野球場をモデルとしたコンクリート造りのスタンドを備え、1936年(昭和11年)10月に完成した高崎市の野球場。前橋市の上毛新聞敷島球場(群馬県立敷島公園野球場)に次ぐ、県内野球大会の主要会場だ。スタンド席は5,000人、外野芝生席は7,000人を収容できる。高校野球や社会人野球の試合会場なのはもちろん、群馬ダイヤモンドペガサスやイースタン・リーグのゲームも開催されている。

撮影された作品はこれ!
泣くな赤鬼

 ベストセラー作家・重松清史上、最も泣ける先生と生徒の物語が原作。堤真一が主演し、柳楽優弥が共演、監督は前橋市出身の兼重淳が務めた。かつて厳しい野球の指導で“赤鬼”と呼ばれた教師(堤真一)が、余命半年の元生徒・ゴルゴ(柳楽優弥)と再会する。厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼先生はゴルゴのために最後に何ができるのか――。映画は2019年の公開で、現在はDVDなどで見ることができる。城南野球場では群馬大会決勝のシーンが撮影された。

データ
城南野球場

高崎市下和田町2-12


027-322-4135


ロケ地 & アニメの舞台特集のほかの記事はコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

過去のおでかけ特集

おでかけ特集のスポット別紹介はこちら
エリア別 おでかけ特集

西毛 中毛 東毛 北毛 その他


おでかけ アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

タウンぐんま公式 facebook
特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]


タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri All rights reserved.