群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


WEEKLY
TOPIC
新たな魅力を“ググっと”発信
観光戦略で群馬県を盛り上げる!
2018.01.05
WEEKLY TOPIC  中毛  北毛

 昨年の「都道府県魅力度ランキング」は41位だった群馬県。しかし、本県には雄大な自然や温泉などの観光資源が豊富にあり、年間約6300万人の観光客が訪れている。今回は、“群馬の観光”について、県外向けに観光誘客促進の活動を行う「群馬県観光物産課」に昨年の取り組みと今年の展望を聞いた。

新たな取り組みをスタートさせた2017年

 昨年は、チャレンジの1年だったという。これまで秋に開催していた「ググっとぐんま観光キャンペーン」を7月~9月に変更。夏季に変えたことで「水」と「山」をテーマにして、自然豊かな同県の魅力をPRしてきた。また、初の試みとして「心にググっと ぐんまちゃんパスポート」の発行を開始。県内の宿泊・観光施設の利用者を対象に、プレゼント企画や提携施設の割引き特典などを設け、宿泊客の周遊観光を促した。その結果、キャンペーン開始から反響を呼び、施設利用者の増加などにつながったという。ほかにも、秋には「ぐんまのおみやげ総選挙」を初開催。県内の名産品や特産品の中からエントリーされた品目は700以上に上り、県民でも知らない“隠れた名品”を発掘することができた。今後は、上位にランクインした商品を集めた物産展も計画している。「どの施策も一過性では誘客促進につながらない。2017年に行った施策を次につなげていくことが大切」と同課の担当者は話す。

2018年は新スポットに注目

 今年、群馬県に新たな観光スポットが誕生する。新潟県・長野県との県境に位置する全長約100kmの「ぐんま県境稜線トレイル」だ。登山道や林道などをつなぎ合わせた自然道で、その稜線の長さは国内最長。コースには、谷川岳や四阿山(あずまやさん)といった日本百名山が連なるほか、沿線に水上、四万、草津、万座などの温泉地も含まれている。開通予定日の山の日(8月11日)に向け、着々と準備が進められており、登山だけでなく、宿泊しながら、その土地の自然や文化に触れられるスポットとして期待が高まっている。

 今年も新たな魅力が増え続ける群馬県。まだまだ私たち群馬県民が知らない魅力はたくさんありそうだ。県内観光を楽しむ際には、今回紹介した施策などをチェックしてみて。

データ
取材協力:群馬県観光局 観光物産課

027-226-3386(群馬県観光局 観光物産課)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 WEEKLY TOPIC

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

WEEKLY TOPIC アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]

タウンぐんま公式 facebook

タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.