群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


WEEKLY
TOPIC
師走の風物詩として親しまれている
「第九」の演奏会が県内各地で開催
2017.12.01
WEEKLY TOPIC  中毛  東毛

 年末恒例となっているベートーべン作曲の「第九」の演奏会が、今年も相次いで開催。ユネスコの“記憶遺産”にも登録されている世界的な名曲が、県内各地のホールに響き渡る。

日本で不動の人気を誇るクラシック曲

 「第九」の正式名称は、「交響曲第9番二短調(合唱付き)」。難聴に苦しみながらも数々の名曲を残した、ドイツを代表する“楽聖”ベートーべンによる、9番目にして最後の交響曲だ。第4楽章では、ドイツの劇作家であり詩人のシラーの詩を歌詞としたおなじみの「歓喜の歌」が歌い上げられる。

 日本では、12月になると全国各地で公演が行われるほか、大みそかに「NHK交響楽団」の演奏が放送されるなど、師走の風物詩としてすっかり定着している。

 日本での人気を不動のものにしたと言われているのが、1947年に日比谷公会堂で催された、「NHK交響楽団」の前身である「日本交響楽団」による「第九コンサート」。団員の年越し資金を得るために3日間連続で行われ、集まった観衆から大絶賛された。

「聴く」から「歌う」へと進化

 こうした人気に拍車をかけているのが、市民合唱団の存在。聴くだけでは飽き足らず、市民合唱団の一員としてステージに立ち、「第九」を歌うことを趣味にしている人が年々増加しているのだ。

 県内では、12月2日(土曜)の「第28回 伊勢崎第九演奏会」を皮切りに、前橋、館林、高崎と各市の市民合唱団が演奏会を実施。「群馬交響楽団」によるオーケストラ演奏のもと、プロのソリストとともに、「第九」に加えてクリスマスソングやオペラの劇中歌などを披露する。

データ
第28回 伊勢崎第九演奏会

12月2日(土曜) 14:00開演


伊勢崎市文化会館 大ホール


当日券 一般3,400円、高校生以下1,800円


伊勢崎第九を歌う会 尾内 0270-25-4377


前橋第九合唱団 第45回 演奏会

12月3日(日曜)14:00開演


ベイシア文化ホール 大ホール


全席指定 SS席4,500円、S席4,000円、A席3,000円、B席2,500円
※高校生以下は各500円引き。


同事務局 027-224-7331


第31回 館林第九演奏会

12月9日(土曜)14:00開演


館林市文化会館 大ホール


全席自由 一般3,100円、学生1,500円


同事務局長 080-5538-8619


高崎第九合唱団 第44回 演奏会

12月16日(土曜)18:30開演


群馬音楽センター


指定席 S席5,000円、A席4,500円、B席4,000円、
自由席 C席3,000円


NPO法人高崎第九合唱団
080-2563-5611、070-4455-2190


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 WEEKLY TOPIC

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

WEEKLY TOPIC アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]

タウンぐんま公式 facebook

タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.