群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


WEEKLY
TOPIC
ノスタルジックな石段街で
2つの行事が融合した恒例祭が開催
2017.09.15
WEEKLY TOPIC  中毛  渋川市

 365段の石段を中心に、大小さまざまな温泉旅館や土産物店などが立ち並ぶ、県内でも有数の温泉地「伊香保温泉」。映画やテレビドラマのロケ地にもなったノスタルジックな温泉街で、今年も9月18日(月曜、祝日)から20日(水曜)の3日間にわたって、毎年恒例の「伊香保まつり」が開催される。

約100年続く「伊香保神社」の例大祭

 「伊香保まつり」の始まりは、1,200年以上もの長きにわたって温泉街を見守り続けている、石段街の頂上に鎮座する「伊香保神社」の例大祭。約100年もの歴史を持つ、由緒ある祭りだ。

 最大の見どころは、酒樽をのせた神輿を担いだ若者たちが、揉み合いながら石段を駆け上がる迫力満点の「樽みこし」。時には勢いあまって石段街を転げ落ちることもあるというスリリングな光景が、見物客を興奮のるつぼへと誘う。

 また、重さ数百キロもの神輿が温泉街を練り歩く「本御輿」も見逃せない。樽みこしとは打って変わって、神事のような厳かな雰囲気を堪能できる。

伊香保温泉を愛した徳冨蘆花を偲ぶ

 伊香保温泉は、明治から大正にかけて、多くの文人墨客に愛されたことでも有名。石段の中段付近に刻まれた与謝野晶子の詩が、このことを物語っている。

 中でも際立っていたのが、伊香保を舞台にした小説「不如帰」の著者として知られる文豪・徳冨蘆花。人生の最期を迎えるため、病を押してわざわざ訪れたことからも、伊香保への強い思いが窺える。

 蘆花の命日である9月18日には、伊香保まつりの一部として「蘆花祭」が開催。追悼式典や茶会、湯汲み式といった行事が、しめやかに執り行われる。

データ
伊香保まつり

9月18日(月曜、祝日)〜20日(水曜)
13:00〜23:00(20日は24:00まで)


伊香保石段街


無料


しぶかわ商工会伊香保支所 0279-72-3588


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 WEEKLY TOPIC

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

WEEKLY TOPIC アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]

タウンぐんま公式 facebook

タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.