群馬よみうり新聞社
群馬を楽しむ情報マガジン「タウンぐんま」


WEEKLY
TOPIC
人気すぎて販売延長!
セブンのおっきりこみ
2017.02.10
WEEKLY TOPIC  中毛  北毛

人気のため、販売延長が決まった「群馬名物! 上州地粉のおっきりこみ」(398円)。群馬県内のセブンイレブン限定で3月31日まで販売。

 

 この冬、セブンイレブンで飛ぶように売れている商品がある。群馬県で限定販売している「群馬名物! 上州地粉のおっきりこみ」(398円)だ。昨年11月25日の発売後40日間で10万食も売れたヒット商品で、現在もその人気は衰えていない。右肩上がりの売れ行きを受けて、販売期間を3か月延長。3月31日まで販売しているという。

 

 この商品の1番の魅力は“懐かしい味”であること。群馬県の伝統食「おっきりこみ」を再現しようと、素朴で優しい味付けにこだわった。群馬県の家庭の味を追求するため、県産農畜産物のブランド化などを考える女性団体「ひめラボ」や県内のセブンイレブンのオーナーにも意見を求め、6か月かけて試行錯誤を重ねた。そのかいあって、群馬県内の457店における販売数は、麺類でトップクラスを維持。オーナーからも「販売期間を延長してほしい」とリクエストされたという。開発担当者は「県民に愛される商品にしようと、地元の方と力を入れて作った。期待が数字に反映され、とてもうれしく思う」と声を弾ませる。

 自慢の麺には、群馬県内の「上州地粉」を使用。ツルツルとした喉越しのよさに加え、「おっきりこみ」ならではのモチモチとした麺の食感を楽しめる。スープはかつおだしをベースにしたしょうゆ味。大根、ニンジン、ゴボウなどの野菜とキノコがたっぷり入っており、具材からもダシが出て味に奥行きをもたらしている。さらに、隠し味にすりおろした野菜とみそをプラス。アッサリした味わいの中にも甘さとコクを感じられるように仕上げた。購入客の反応も上々で「どこか懐かしくホッとする味わいだった」「ボリュームがあるけど、野菜たっぷりだからヘルシー」「麺のモチモチ感がよい」という声が多数寄せられている。コッテリしたものを食べたくないときや夜食がほしいときにもおすすめだ。

 

「地域になくてはならない店」を目指すセブンイレブン(写真は前橋石倉町店)。

 この商品を開発した目的は「地域住民に親しみを持ってもらうため」だったという。国内最多の店舗数を誇り、キャッチコピー通り「近くて便利なお店」であり続けてきたセブンイレブン。しかし「ただ『近いから行く』のではなく『セブンイレブンだから行く』というコンビニエンスストアでありたい」と担当者は語る。今後も、地域の食文化にフォーカスした商品を販売していく予定だ。

 群馬県でしか味わえない、期間限定商品。心も体もジンワリと温まる “かかあの味”をぜひ一度お試しあれ。

データ
群馬名物! 上州地粉のおっきりこみ

398円


セブン-イレブン・ジャパン 03-6238-3711


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

エリア別 WEEKLY TOPIC

西毛 中毛 東毛 北毛 その他

WEEKLY TOPIC アクセスランキング

DAILY WEEKLY TOTAL

キーワード

特集
秋を楽しみたい全ての人に
シリーズ:スポーツ[ゴルフ]

タウンぐんま公式 facebook

タウンぐんま公式facebookいいね!を押して旬で役に立つぐんまのニュースをゲットしよう!
© Gunma Yomiuri Shinbunsha All rights reserved.